, コンテンツにスキップする

米金融当局は将来的に政策調整余儀なくされる可能性-ブラックロック

  • 超低金利に伴う金融安定リスクと好景気が米金融当局に圧力も
  • 政策調整は「目覚ましい成長に対応して」段階的に行われる可能性

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

2月の米インフレ統計の落ち着きは物価圧力が安定した環境を反映したものだが、力強い経済成長を背景に高い数値にシフトする可能性が高く、経済活動の活発化も将来的に連邦準備制度に低金利政策の調整を迫る可能性のある要因の1つだ。ブラックロックのグローバル債券担当最高投資責任者(CIO)リック・リーダー氏がこう予想した。

  リーダー氏は10日の消費者物価指数(CPI)発表後のリポートで、「多くの地域でディスインフレ期が終了し、成長と物価が驚くほど高い水準に再評価されているのを目の当たりにしている」と指摘。「再び深刻な新型コロナウイルスの流行で二番底に陥ることがなければ、2023年までに1回の利上げが行われる確率は約60%という市場価格に示唆された水準が高過ぎるとは言い難い」とコメントした。

  16、17両日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、政策当局がある時点で複数回の利上げを実施する必要が生じるとの臆測が高まっている。こうした見方とは対照的に、一部の金融当局者は最近、当局のハト派スタンスを強調している。

  リーダー氏は、超低金利に伴う金融安定リスクと予想される好景気が組み合わさり、ある時点で米金融当局に政策調整を迫る可能性があると予想。政策調整は「目覚ましい成長に対応して」段階的に行われる可能性が高いと付け加えた。

原題:
BlackRock’s Rieder Says Fed Could Be Forced to Adjust Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE