, コンテンツにスキップする

ビットコイン、時価総額が再び1兆ドル超え-インフレ抑制示唆でも

  • 一時5万7000ドル台に乗せ、その後も5万6000ドル台で底堅く推移
  • 2月の米CPIは全般的インフレ圧力が引き続き抑制される状況示す

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインはアジア時間11日早朝の取引で一時5万7000ドル台に乗せ、時価総額が再び1兆ドル(約108兆4000億円)を上回った。2月に5万8350ドルの最高値に達する過程で、時価総額が初めて1兆ドルを突破していた。

  ビットコインは、その後も5万6000ドル台で底堅く推移。10日発表された2月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が予想を下回り、全般的なインフレ圧力が引き続き抑制される状況が示唆されたが、将来のインフレ高進に備えるヘッジ手段として支持されるビットコインは堅調を維持した。

  ナスダック100指数が値を戻すなどリスクオンムードを反映し、他の暗号資産ではイーサがニューヨーク時間10日の取引で一時約3%上昇した。

Largest cryptocurrency reclaims market cap of more than $1 trillion

原題:Bitcoin’s Market Value Passes $1 Trillion Again Amid Risk Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE