, コンテンツにスキップする

グリーンシル銀行の事業縮小近づく、独当局が今週にも決定へ-関係者

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)はグリーンシル銀行の事業を段階的に縮小するという決定に近づいている。親会社の金融ベンチャー、グリーンシル・キャピタルの経営破綻を受けたもので、大半の預金者にとって払い戻しを受ける門戸が開かれる。

  BaFinはグリーンシル銀行が同行の債務を負担することはできないと、早ければ今週にも判断する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。こうした決定を下した場合、預金者補償に向け業界が支援する基金からの支払いが発生することになると、関係者らは匿名を条件に話した。

  ブレーメンに本社を置くグリーンシル銀行では、預金保険で保護される預金規模が約30億ユーロ(約3900億円)。これに加えて、保険で保護されていない5億ユーロも有している。同5億ユーロにはドイツの地方自治体などの預金が含まれ、帳消しになる見通しだと関係者らは述べた。

  BaFinはコメントを控えた。

原題:
Greensill Bank Wind-Down Nears With Watchdog’s Deposit Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE