, コンテンツにスキップする

アップル、ミュンヘンに新たな欧州半導体設計センターを構築へ

  • アップルはドイツで10億ユーロを上回る投資を計画
  • ミュンヘンの新施設は5Gや無線技術に特化

アップルは10日、ミュンヘンに新たな半導体設計センターを構築する計画を明らかにした。同社はドイツで第5世代(5G)移動通信やその他の無線技術向けカスタムチップを開発するため10億ユーロ(約1290億円)規模の投資計画を進めており、その一環となる。

  10日発表によれば、アップルは2022年後半にミュンヘン中心部近くに建設される3万平方メートルの新施設に移る計画だ。数百人を雇用する見通しだという。

  ティム・クック最高経営責任者(CEO)は発表文で、「5G技術の新たなフロンティアからパワー、スピードそして世界とのつながりをもたらす次世代技術の探索に至るまで、ミュンヘンのエンジニアリングチームによる今後の発見をこの上ないほど楽しみにしている」と述べた。

原題:Apple to Build European Semiconductor Design Center in Munich(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE