, コンテンツにスキップする

中国、ソーシャルメディアで「株式市場」の用語を禁止か

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国株式相場の下げが勢いを増す中で、9日には政府が支援する複数のファンドが、市場を落ち着かせるために介入した。しかし、当局は本土市場で何が起きているのかがよく分からないようにしているもようだ。

中国の「国家隊」が本土株買い、相場安定図る-関係者

  約5億人のアクティブユーザーを抱える中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のウェブ版では10日、中国語で「株式市場」と入れて検索してもヒット件数はゼロ。この用語が検閲対象となったことが示唆された。ユーザーは引き続き「株式市場」の用語を使って投稿することが可能なようで、モバイル版ではハッシュタグが含まれていない投稿の一部は検索結果に表示された。10日朝の時点で、「急落」や「A株」、「株式」などの用語では検索可能だった。

relates to 中国、ソーシャルメディアで「株式市場」の用語を禁止か

微博(ウェイボ)で「株式市場」を検索しても10日朝には結果ゼロ

出典:weibo.com

  中国では現在、年間で最大の政治イベントである全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が進行中。上海証券報の記事によると、複数の大手保険会社が9日に株式の買いに入った。同紙はまた、保険会社が株式ファンドの大規模な償還を行ったとの最近の「うわさ」について、同業界の投資マネジャーの話を引用して否定した。

  中国の大手経済紙は10日の一面で株式市場の急落には触れず、全人代で習近平国家主席で行った国防に関するコメントの特集が目立った。

関連記事
中国株反発、CSI300は一時1.7%高-最悪期過ぎていないとの見方も
極めて異例、全人代期間中の中国株急落-当局の介入度合い試す展開に

原題:
China Appears to Ban ‘Stock Market’ From Social Media Search (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE