, コンテンツにスキップする

クオンツ運用ジャイアント・ステップス、仮想通貨先物ファンド投入へ

  • ビットコインなどの先物を取引する機械学習戦略開発のポルボに出資
  • ビットコインとイーサの先物を取引する新ファンド、年央までに開始

中南米最大のクオンツ資産運用会社、ブラジルのジャイアント・ステップス・キャピタルは、仮想通貨に焦点を絞ったスタートアップ企業の少数株式を取得し、ビットコインなどデジタル資産の先物に投資するファンドを投入する。

  サンパウロに本社を置くジャイアント・ステップスが出資したのはポルボ・テクノロジーズで、同社はビットコインや類似資産の先物を取引する機械学習戦略を開発している。ジャイアント・ステップスの創業パートナー、フラビオ・テルニ氏がインタビューで語った。出資額は明らかにしなかった。

relates to クオンツ運用ジャイアント・ステップス、仮想通貨先物ファンド投入へ

フラビオ・テルニ氏

Source: Flavio Terni

  ジャイアント・ステップスはビットコインとイーサの先物を取引する新ファンドを年央までに開始する。そのファンドで、ポルボのアルゴリズムが使われるとテルニ氏は説明。ジャイアント・ステップスが開発した他のルールベースの取引テクニックも活用するという。同社の運用資産は約65億レアル(約1220億円)。

  テルニ氏は「仮想通貨市場は非常に非効率で、多くのボラティリティーを伴う」と指摘し、「われわれが他のファンドですでに用いているトレンド追随戦略で捉え、そこから利益を得ることが可能な市場だ」と述べた。

原題:Quant Fund Manager Bets on Crypto With Brazil Startup Investment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE