, コンテンツにスキップする

上昇トレンド崩れたナスダックはまだ危機脱せず、一時的反発の可能性

テクノロジー株の強気派は9日の米国株反発で安堵のため息をついているだろう。だが、死んだ猫でも高いところから落とせば跳ね返るという意味の投資用語「デッド・キャット・バウンス」で表現される一時的反発の可能性を、ナスダック100指数が完全に払拭(ふっしょく)するにはまだ課題が残ることも分かっているはずだ。

  テクノロジー株の比重が大きいナスダック100指数は1年にわたる上昇トレンドを割り込んだ後、フィボナッチ比率の戻しの水準できっちり反発した。しかし、その上昇トレンドを早期に上回らない場合、一段安となる方向性が示され、新たな下値支持線を試す展開となる可能性もある。

Nasdaq rebounded after hitting first key Fibonacci retracement level

原題:Nasdaq Not Out of the Woods Yet After Break of Uptrend(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE