, コンテンツにスキップする

5年後の中国、研究開発費で米国と競い都市化進む-政府目標

  • 医師の比率、25年末までに1000人当たり3.2人に増やす
  • 新たな原子炉20基、炭素排出削減で-韓国よりも広い面積を植林

中国が野心的な経済目標を掲げるのはいつものことで、新たな5カ年計画(2021-25年)も例外ではない。北京で5日に開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で政府が示した主な数値目標は以下の通りだ。

米国と競う研究開発費

  政府は25年まで研究開発費を年7%増やすことを目指している。この結果、25年は3兆7600億元(約62兆8000億円)に達し、米国が18年に投じた5480億ドル(約59兆5000億円)を上回る。

Innovation Ambition

Annual spending on R&D

Source: China National Development and Reform Commission, Eurostat, U.S. National Science Foundation, Bloomberg calculations

Note: 2025 spending shown at current exchange rate

年1000万人

  中国は25年末までに都市部の人口を全体の65%にしたいと考えている。19年は60.6%だった。総人口は14億人で5年間ほぼ変わらないため、約5000万人が5年のうちに農村部から都市部に移り住む必要がある。

5年で医師42万人育成

  中国の公的医療制度は先進国の基準によれば資金不足だ。政府は医師の比率を25年までに人口1000人当たり3.2人に増やすことを目標としている。現在は2.9人で、さらに医師約42万人の育成が必要となる。

Doctors Ordered

Number of doctors per 1,000 people

Source: World Bank, Xinhua

Note: China data is for 2020 and includes "assistant" doctors. Other region and country data for most recent year available.

新たな原子炉20基

  炭素排出削減の一環として、原子力発電を中国は推進。政府は25年末までに原発容量70ギガワットを持つことを目指している。昨年末時点は約50ギガワットで、新たに原子炉20基程度が必要になることを意味する。

韓国より広い植林面積

  政府は環境保護対策として森林面積の拡大を望んでいる。二酸化炭素を吸収し、洪水防止にもなるためだ。25年末までに国土総面積の24.1%を森林とする計画。19年は23.2%だった。中国の大きさは米国とほぼ同じで、25年末までに1100万ヘクタール(11万平方キロメートル)超の植林が求められる。米オハイオ州ほどの広さで、韓国の国土よりも大きな植林面積となる。

原題:By the Numbers: China Lays Out Ambitious Five-Year Targets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE