, コンテンツにスキップする

母親が職場から消えていく、学校閉鎖で広がるジェンダーの格差

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国の労働力から女性が離脱している。この傾向は学校閉鎖の比率が高い州で顕著で、これまでの数十年に成し遂げた女性参加という進展が逆戻りするリスクが生じている。

  新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)となる前、母親の労働参加率は父親より約18ポイント低かった。在宅でのオンライン授業を多用する州では、2019年から20年にかけてこのギャップは5ポイント広がった。一方、対面授業を続けている州では母親の労働参加率の低下ペースは鈍かった。社会学の学術誌ジェンダー・アンド・ソサエティーで近く発表される査読済みの論文で明らかになった。

  この研究で見えてくるのは、学校再開を巡る議論の複雑さと、それが長期的に与えかねない影響だ。この問題は保護者や教師、政治家を二分してきた。新型コロナの感染抑制が広がるにつれ、対面授業を再開する学校は増えているものの、依然として半数以上の生徒は全面的、もしくは部分的にリモート学習を余儀なくされている。この問題は父親よりも母親に大きく影響している。働く女性が子供と家にいるために職場を離れる時期が長引けば、彼女たちのキャリアに及ぶリスクもその分大きくなり、ひいては経済全体の回復にも波及する。

New York City elementary schools opening

再開したニューヨーク市の小学校。2020年12月7日

撮影: Tayfun Coskun/Anadolu/Getty Images

  この論文をまとめたワシントン大学セントルイス校のケイトリン・コリンズ助教授(社会学)は、「子育てという点でパンデミックを考えたとき、学校や保育所の閉鎖によって増えた負担が主に女性の肩にのしかかるだろうという不安があった」と指摘。「残念ながら、その通りのことが研究で明らかになった」と述べた。

Women's Labor

School closures disproportionately hit women's labor force participation

Source: Collins, C., Ruppanner, L., Landivar, L. C., & Scarborough, W. (2021, January 21).

Note: For parents of elementary school children (5-12 years) during first semester; for 2020, Maryland = primarily remote, New York = mostly hybrid, Texas = mostly in-person

原題:Moms Drop Out of Work Most in States Where Kids Learn From Home(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE