, コンテンツにスキップする

クーパン、IPO価格レンジ引き上げ-最大4400億円超の調達狙う

  • 1株当たり32-34ドルに引き上げ、従来は27-30ドル
  • クーパンにはソフトバンクG、ブラックロックなどが出資

ソフトバンクグループが出資する韓国の電子商取引大手クーパンは、米ニューヨーク市場で予定する新規株式公開(IPO)の価格レンジを引き上げた。目標とする調達額はいまや最大で40億8000万ドル(約4430億円)となった。

  米証券取引委員会(SEC)に9日提出された文書によると、クーパンと同社株主は1株当たり32-34ドルで1億2000万株を公募・売り出しする。これまでの目論見書では、公開価格のレンジは27-30ドルだった。

  公開価格がレンジ上限の34ドルに決まった場合、発行済み株式数に基づくクーパンの企業評価額は580億ドルとなる。

  このIPOではクーパンが新たにクラスA株を1億株発行し、既存株主が2000万株を放出する。クーパンの株主にはソフトバンクGのビジョン・ファンドのほか、ブラックロックなどがいる。

  ゴールドマン・サックス・グループやアレン・アンド・カンパニー、JPモルガン・チェースがIPOの主幹事を務める。クーパンは11日に銘柄コード「CPNG」でニューヨーク証券取引所に上場する見通し。

原題:
South Korea’s Coupang Upping Price Range in $4 billion U.S. IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE