, コンテンツにスキップする

届いたのは大量の石材、3600万ドルで銅を購入した商品会社に詐欺被害

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

スイスのエネルギー取引会社、マーキュリア・エナジー・グループは昨年夏、3600万ドル(約39億円)で銅を購入する契約をトルコのサプライヤーと交わした。しかし中国の港に到着し始めたコンテナに詰められていたのは、どれも塗料を塗られた石材だった。

  ギャング映画に出てくるトリックを思わせるような話だが、マーキュリアは現実に貨物詐欺の被害に遭ったとしている。300を超えるコンテナに詰められた6000トンもの銅は、中国に向けてイスタンブール近くの港を出港する前に、銅褐色に塗られた舗装用の敷石にすり替えられていた。

  この奇怪な事件は、警備や検査などの体制が敷かれてもなお商品取引会社が詐欺のリスクを抱えていることを浮き彫りにしている。マーキュリアは過去に青島港の倉庫に保管していた金属を、不正調査の一環として中国当局に接収されたことがあり、2014年と15年にはその損失に備えて引当金を計上した。

relates to 届いたのは大量の石材、3600万ドルで銅を購入した商品会社に詐欺被害

コンテナ内には銅褐色に塗装された石材

出所: Sinan Borovali/KYB Law Firm

  トルコの警察はこの事件に関連して13人を拘束した。マーキュリアはトルコの裁判所と英国の裁定裁判所の両方で銅サプライヤーを相手取って法的手続きを進めているほか、トルコでは保険詐欺などで正式に刑事告訴した。

原題:Trader Buys $36 Million of Copper and Gets Painted Rocks Instead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE