, コンテンツにスキップする

中国が新たな国有年金基金会社を計画、財源不足に対応-関係者

  • 銀保監会は国有の銀行や保険会社を株主とする新会社について検討
  • 中国の高齢者人口、25年末までに3億人に達する可能性

中国は新たに国有の年金基金会社を創設する計画だ。公的年金の財源不足に対応する。

  中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は、国有の銀行や保険会社を株主とする年金基金会社について検討している。非公開情報だとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に語った。株式所有構造や投資規模などの詳細は詰めている段階という。

  銀保監会に9日、コメントを求めたが返答はなかった。

  中国保険行業協会は昨年11月の報告書で、国内の高齢者人口が2025年末までに3億人に達する可能性がある中、向こう10年で老後の資金不足が10兆元(約167兆円)に膨らみ得ると指摘した。

原題:China Said to Plan New State Pension Firm as Population Ages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE