, コンテンツにスキップする

米国とEU、英国離脱後の関税割当制度巡り合意-USTR

欧州連合(EU)と米国は、英国のEU離脱後の関税割当制度(TRQ)の調整について2年に及ぶ交渉の末、合意を成立させた。

  米通商代表部(USTR)が8日に電子メールで発表した声明によれば、EUと米国は世界貿易機関(WTO)の手続きに基づき交渉を進めてきた。今回の合意に伴い、TRQの数量をEU加盟27カ国と英国でどのように分けるか決定するという。USTRは、EUによる「正式な承認手続き」完了後に双方が署名し、発効すると説明したが、合意内容の詳細については言及しなかった。

  USTRによれば、TRQはある製品を他国へ輸出する際に一定量に対しては低関税率が適用されるが、あらかじめ規定された量を超える輸入分については、より高い関税率の対象になるという仕組み。

  マリア・パガンUSTR代表代行は「発効後には、今回の合意がEU向けの米生産者および輸出業者にとって、市場への確実なアクセスを付与するものになる」と述べた。

原題:U.S., EU Reach WTO Tariff-Quota Pact Post Brexit, USTR Says (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE