, コンテンツにスキップする

ドルLIBOR公表停止先送り、クレジットリスク軽減-ムーディーズ

  • 未払い金融商品のうち満期迎えるか完済される割合増やすことが可能
  • 発行体がリスクに対応し、立法措置などから利益を得る時間的余裕も

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)のうち翌日物と1カ月、3カ月、6カ月、12カ月物のドルLIBORの公表停止時期の2023年6月末への先送りが確認されたことについて、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは「広範囲にわたってクレジットリスクが軽減される」との見解を示した。

  ムーディーズは「LIBORに連動する未払い金融商品のうち満期迎えるか完済される割合を増やす」ことができ、より厳しいより長期のエクスポージャーを伴う取引と発行体がリスクに対応し、立法措置などの動きから利益を得る時間的余裕が与えられると指摘した。

  そうしたエクスポージャーを持つセクターには、米国のローン担保証券 (CLO)と特定の学生ローン担保証券のほか、LIBOR公表停止後の扱いを顧客とあらかじめ定めるフォールバック条項が弱く、21年より先に満期を迎える契約へのエクスポージャーが大きい銀行が含まれる。

  基準となるフォールバック条項が比較的弱く、古い契約の領域は既に縮小しつつあるが、レバレッジドローンやオーダーメードのデリバティブ(金融派生商品)など他のセクターのペースは不確かだとムーディーズは分析した。

原題:Dollar Libor Extension Widely Reduces Credit Risk, Moody’s Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE