, コンテンツにスキップする

習主席のテクノロジー覇権計画、ジャック・マー氏締め付けが裏目にも

  • アリババ共同創業者の馬氏への当局の目が突然厳しく-起業家が萎縮
  • 習氏にとって起業家の不安が米テクノロジー依存の低減妨げるリスク

中国はこの40年で自国経済の劇的な開放を進め、世界経済を支える主要な成長エンジンの1つとなった。今は習近平国家主席が中国をデジタル大国に転換させることでライバルに先行する野心的な計画を掲げている。だが、こうしたテクノロジー覇権に向けた取り組みは馬雲(ジャック・マー)氏が築いた企業帝国への締め付けという障害によって脅かされている。

  習氏は中国が半導体やソフトウエアなどを国内で賄えるようにするため、巨額の資金を投じる構えだ。しかし、アリババグループ共同創業者の馬氏に対する当局の目が突然厳しくなったことは中国の一部テクノロジーセクターに水を差したと、国内起業家やベンチャーキャピタリストは話す。

relates to 習主席のテクノロジー覇権計画、ジャック・マー氏締め付けが裏目にも

アリババグループ本社(浙江省杭州市)

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  馬氏の出身地、浙江省のあるスタートアップ企業の創業者は政府の注意を引くことは望んでおらず、アリババのような大成功はもはや目指していないと明かす。別の起業家は公の場で語ることはやめ、自身のロボティクス事業の海外拡大に軸足を移す方針だと説明した。

  スタートアップ数十社に出資しているベンチャーキャピタリストは、馬氏を巡る騒動で国有企業を相手に競争している起業家を中心に積極的な姿勢が後退するとの見方を示す。3人はいずれも政治的に敏感な問題だとして匿名を条件に話した。

Venture Deals in China

Excludes add-ons, grants, mergers, secondary stock purchases, and venture debt

Data: Preqin

  中国のテクノロジーセクターにとって「馬氏を巡る出来事は転換点になり得る」と調査グループのシリコン・ドラゴン・ベンチャーズ創設者レベッカ・ファニン氏は指摘する。

  中国政府は今月5日に新5カ年計画を公表。習氏にとってのリスクは、起業家の不安が米テクノロジー依存の低減に向けた取り組みを妨げてしまう事態だ。中国で強まるトップダウン型のイノベーションモデルは、ジェフ・ベゾス氏やビル・ゲイツ氏、イーロン・マスク氏ら創業者の独立で技術の進展を後押ししてきた米国とは対照的。起業家を沈黙させながらワールドクラスのテクノロジー産業を築いた国はない。

  中国の電子商取引や経済政策を研究する米ジョージタウン大学のリズ・リウ助教は、「中国政府はイノベーションと規制のトレードオフに直面している」と分析。「どの程度の規制で十分なのか、どうすればイノベーションや成長を損ねる過度な規制を避けられるのか、適正なバランスを取るのが難しい」との認識だ。

ジャック・マー氏、オンライン会議に登場-数カ月ぶりに姿見せる

relates to 習主席のテクノロジー覇権計画、ジャック・マー氏締め付けが裏目にも

ライブ配信で公の場に姿を現した馬雲氏(1月20日)

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  浙江省出身の創業者は通信アプリ「微信(ウィーチャット)」のグループで、他の地元企業家と馬氏を話題にすることはなくなったと語る。馬氏のケースは特別ではないと自身を含む経営陣が結論付けたため、中国当局の神経に障るようなサービス展開は避け、政府との関係を巡り専門家を増員する計画だ。セールス担当者は同社を業界で「最大手」や「最高」などと呼ばないよう指示を受けている。

  この創業者は「中国経済で民間企業が重要な役割を果たし、一心にわれわれを支援すると政府は言うが、実際のところ政府は民間企業を信用していない」と漏らす。中国当局者にコメントを求めたが、返答はなかった。

  当局の独占禁止を巡る締め付けでアリババやテンセント・ホールディングス(騰訊)など巨大企業からの圧迫をそれほど心配しなくて済むため、短期的にはスタートアップ企業にプラス効果が出てくる可能性はあるとベンチャーキャピタリストは話す。だが、長期的には政府による介入が成長やイノベーションを損ねるとの見方を示す。

ジャック・マー氏、国営メディアが称賛した中国人実業家に含まれず

  国外への事業拡大に多くの時間を割く起業家は「誰も安全でないことを馬氏の出来事は示した」と指摘。「中国には『伴君如伴虎(君主に仕えるのはトラに仕えるのと同じ)』ということわざがある。トラがいつ牙をむくかが予想できない」と述べた。

原題:Jack Ma Crackdown Risks Backfiring on Xi’s Master Plan for Tech(抜粋)

(原文は「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」誌に掲載)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE