, コンテンツにスキップする

ギャップ、中国事業巡り売却含む複数の選択肢を検討中-関係者

米衣料品チェーン大手ギャップは中国事業について、売却の可能性を含め複数の選択肢を検討している。事情について知る複数の関係者が明らかにした。

  関係者らによれば、ギャップはアドバイザーと選択肢の精査を進めており、中国事業への関心を測るため複数の買い手候補に接触している。関係者らは情報が非公開だとして匿名を条件に語った。

  ただ協議は初期段階で、中国事業の維持を決定する可能性もあると関係者らは語った。ギャップの広報担当はコメントを控えた。

  ギャップでは昨年、傘下ブランドの「オールドネイビー」が中国市場から撤退している。

原題:Gap Is Said to Weigh Sale of China Business as Sales Lag Behind(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE