, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】ブラジルの死者過去最多-NZがワクチン接種計画公表

更新日時
  • ビオンテック、22年にコロナワクチン30億回分の製造能力持つ可能性
  • 中国、2月6日を最後に国内感染症例確認されず

ブラジルでは新型コロナウイルス感染症(COVID19)による1日当たりの死者が1972人と、過去最多を更新した。新型コロナの抑え込みに成功しているニュージーランドは的を絞ったワクチン接種計画を発表した。向こう数カ月かけて最もハイリスクな集団を対象に接種を行う。

  中国では新たに流入症例が5件確認されたものの、国内感染症例は2月6日を最後に見つかっていない。

  欧州連合(EU)は、EU当局だけでなく他の国・地域の当局が承認した新型コロナワクチンも対象とした接種証明書を提案する。証明書を有する者は域内の移動が容易になる可能性がある。米航空会社の団体はバイデン政権に対し、新型コロナワクチン接種や検査結果を証明する書類の基準策定で世界で主導的な役割を果たすよう促した。

  マレーシアは州をまたぐ移動の一部制限を緩和する。

  ドイツのビオンテックは来年、米国の提携先ファイザーと新型コロナワクチン30億回分を製造する能力を得る可能性がある。また両社が共同開発したワクチンは、ブラジルと英国、南アフリカ共和国で最初に見つかった変異株に有効であることが新たな研究調査で分かった。

ビオンテック、22年にコロナワクチン30億回分の製造能力持つ可能性

  米ジョンズ・ホプキンズ大のデータによると、世界のコロナ感染者数は1億1750万人を超え、死者数は260万人を突破。ブルームバーグのワクチン・トラッカーによれば、 世界のコロナワクチン接種は計3億1900万回を上回った。

  ホワイトハウスのサキ大統領報道官は、ファイザー・ビオンテック製と米モデルナ製の各ワクチンの州・海外領土などへの来週の出荷量が1580万回分に増加するとの見通しを示した。今週は1520万回分。

  ニューヨーク州は10日からワクチン接種対象年齢を従来の65歳以上から60歳以上に引き下げる。

原題:New Zealand’s Vaccine Plan; Global Passport Push: Virus Update(抜粋)

(ブラジルやNZなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE