, コンテンツにスキップする

ゴールドマン、LIBOR廃止後に満期の証券290億ドル保有-対応検討

ゴールドマン・サックス・グループは、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に連動しLIBOR廃止予定の2023年半ば以降に満期となる約290億ドル(約3兆1600億円)相当の債券と優先株について、対処方法を検討している。

  ゴールドマンが8日発表したプレゼンテーション資料によると、応募や入札による買い戻しや他証券との交換、条件の修正、新しいベンチマークとの連動に移行する条項の発動などが選択肢に挙がっている。

  LIBORを巡っては不正操作が多発。各国当局が2017年に廃止する計画を発表し、銀行は移行準備に甚大な資源を投じてきた。英当局は5日に大半のLIBORを2021年末で公表を打ち切り、利用の多いドル建てLIBORの一部のみ2023年6月末まで維持すると明らかにした。

  ゴールドマンによると、同行が保有する約290億ドルの大部分は、現在は固定金利期間だがその後LIBORに連動する変動金利に移行し、その移行前にコールオプションの付いたハイブリッド型の金利商品。

原題:
Goldman Weighs Plan for $29 Billion of Debt Set to Outlive Libor(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE