, コンテンツにスキップする

イエレン米財務長官、労働市場は来年までに元の軌道に戻ると予想

イエレン米財務長官は労働市場が年内もしくは2022年初めまでに「元の軌道」に戻れるよう、バイデン政権として取り組んでいると述べた。

  イエレン長官は8日、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事とバーチャル形式で討議。「われわれは今回の危機で恒久的な傷痕が残ることを強く懸念しており、可能な限り早急に元の軌道に戻れるようあらゆる措置を講じることに尽力している」と説明。「ワクチン接種と学校再開に向けて全力で取り組んでおり、年内もしくは来年に労働市場を元の軌道に戻せると見込んでいる」と述べた。

  これに対しゲオルギエワ専務理事は、貧困層に救済策を届けることで最も弱い立場に置かれている人々のニーズへの対応を目指す米国の政策は「極めて進歩的」であり、IMFは「強く支持する」と述べた。

原題:Yellen Sees U.S. Labor Market Being Back on Track by Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE