, コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • CDCの指針、英国でワクチン接種進む、イエレン財務長官の見解
  • 米給与保証プログラム延長、グリーンシル破産申請

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米保健当局がマスク着用のガイダンスを緩める方針を示しました。マスクといえば、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を宣言した昨年3月時点では一般市民の着用の必要性はないとしていましたが、数カ月後の6月に着用を推奨する指針に大転換したのは記憶に新しいところです。当局の指針転換が再び起こらないことを願うばかりです。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

マスクなしで

新型コロナのワクチン接種を完了した人は、同じく接種を完了した人とマスクを着用せずに屋内で会えるようになった。ただ公共の場ではまだ着用しなければならないほか、ワクチン接種を受けていない人や感染リスクの高い人がいる大人数の集まりは避けるべきだと、米疾病対策センター(CDC)が勧告した。

3分の1

英国では人口の3分の1以上が、新型コロナ感染症(COVID19)ワクチンの1回目の接種を済ませた。同感染症による死者数は減少を続けている。イングランドでは同日から学校が再開され、ロックダウン(都市封鎖)の制限緩和で最初の大きな一歩を踏み出した。ジョンソン首相は「ほっとしたという気持ちが圧倒的に大きい」と述べた。

懸念一蹴

イエレン米財務長官は追加経済対策の規模があまりに大きくインフレの問題を招くとの懸念を一蹴。新型コロナのパンデミック前のインフレは「高過ぎるどころかむしろ低過ぎた」と述べた。労働市場については、年内もしくは2022年初めまでに「元の軌道」に戻れるよう取り組んでいると話した。

1つだけ延長

米連邦準備制度理事会(FRB)は給与保証プログラム流動性ファシリティー(PPPLF)を3カ月間延長するが、他の緊急融資プログラム3つは利用が少ないため3月末で失効する。新型コロナの流行によって金融市場にもたらされた緊張が和らいだ度合いを浮き彫りにしている。

破産申請

金融ベンチャーのグリーンシル・キャピタルは、英国で再建型倒産手続きを申請した。同社はサプライチェーン・ファンド(SCF)をクレディ・スイス・グループが凍結した後、破産申請の準備を開始していた。また、米投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが出資するアテネ・ホールディングと事業売却を引き続き協議していると、事情に詳しい複数の関係者は話した。

その他の注目ニュース

アパルーサのテッパー氏、株式に「弱気でいるのは難しい」-CNBC

ビットコイン、金融新時代の中核になる可能性-富豪レッケ氏が新事業

ECB、PEPPの債券純購入額は2週連続で低調-大規模償還が影響

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE