, コンテンツにスキップする

BMW、アップルの脅威にもひるまず-「よく眠れている」とCFO

From
  • 「競争は素晴らしい。他社にやる気を起こさせる」-ペーター氏
  • 内燃機関の自動車販売を継続、フォードなど競合はEVを推進

電気自動車(EV)や自家用車の保有に変わる新たな自動車の利用方法が業界を変革する中で、ドイツの高級自動車メーカー、BMWは良好な位置に付けていると自信を見せる。

  同社のニコラス・ペーター最高財務責任者(CFO)は、米アップルが自動車事業に参入する可能性を報じるニュースにも動じない。

  ペーター氏はブルームバーグとのインタビューで、「よく眠れている」と話し、「競争は素晴らしい。他社にやる気を起こさせる。当社は非常に強力な位置に付けており、今後も業界の主導的な立場にいたいと願っている」と続けた。

Premium Competition

Bernstein sees Apple being a ‘potentially formidable new entrant’

Source: Company filings, Bernstein

  米フォード・モーターやスウェーデンのボルボ・カーといったライバルは、ガソリン車あるいはディーゼル車の販売に終了時期を設けたが、ペーター氏によれば、BMWは今後もしばらくは内燃機関の自動車とEVの両方を生産していく。

  同氏は「当社は市場を動かす立場にいる必要がある」と語り、「さまざまな発表があるが、重要なのは顧客の需要に応じられるかということだ」と述べた。

Preparations Ahead Of The 68th IAA Frankfurt Automobile Show

ニコラス・ペーターCFO

原題:BMW CFO Brushes Off Apple Car Threat: ‘I Sleep Very Peacefully’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE