, コンテンツにスキップする

中国JDドットコムのフィンテック部門、IPO申請撤回も-SCMP

  • 中国当局によるオンライン金融締め付けの影響広がる
  • アントIPO中止後に科創板上場申請の取り下げを検討とSCMP

中国の電子商取引会社JDドットコム(京東)のフィンテック部門JDテクノロジーは、上海での新規株式公開(IPO)申請を取り下げる可能性がある。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じた。中国当局によるオンライン金融締め付けの影響が広がっている。

  JDテクノロジーは以前、JDディジッツと呼ばれていたが、JDの人工知能(AI)・クラウド事業を今年に入り吸収し名称が変更された。

  アリババグループ傘下のフィンテック企業アント・グループが昨年11月に予定していた超大型IPOを中国当局がやめさせた後、JDテクノロジーは「事業環境の変化」を理由に上海証券取引所の「科創板(スターマーケット)」への上場申請の撤回を検討していると関係者2人が匿名を条件に述べたという。

  SCMPによると、JDテクノロジーは推計200億元(約3330億円)規模のIPOを目指していた。将来的に新たな上場申請を再提出する可能性があるとも伝えた。

  JDドットコムの株価は8日の香港市場で5%を超える下げ。同社の担当者からのSCMPの報道に関するコメントは得られていない。

原題:JD’s Fintech Arm Likely to Withdraw China IPO, SCMP Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE