, コンテンツにスキップする

ディズニー「ラーヤと龍の王国」、公開直後の北米興行収入は勢い欠く

  • ディズニープラスでも同時配信-30ドルの追加払い必要
  • 週末の北米興行収入は860万ドル-調査会社は約1200万ドル見込む

ウォルト・ディズニーのアニメ映画「ラーヤと龍の王国」は公開直後となる週末の北米興行収入が860万ドル(約9億3200万円)にとどまり、予想を下回った。ストリーム配信とは別に、劇場に多くの観客を呼び戻すには至らなかった。

  戦う若い女性が主人公のこの作品は動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」で同時配信された。30ドルの追加払いが必要だが、6月4日には会員が無料で視聴できるようになる。ボックスオフィス・プロは約1200万ドルの興行収入を予想していた。

  週末の全世界の興行収入は中国を含めて推計2620万ドル。ディズニーはストリーミング配信での収入は公表していない。

relates to ディズニー「ラーヤと龍の王国」、公開直後の北米興行収入は勢い欠く

「ラーヤと龍の王国」

出典:Walt ウォルト・ディズニー Co.

  5日に映画館が約1年ぶりに再開が認められたニューヨーク市では、27の映画館がこの週末に営業した。これは2019年の44%に相当する。調査会社コムスコアが示した。

原題:
Disney’s ‘Raya’ Gets Lackluster Debut in Theaters (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE