, コンテンツにスキップする

ビットコイン上回る大幅上昇の仮想通貨イーサリアム、供給減少へ

  • 変更「EIP1559」は市場に出回るイーサリアムの量を減らすことに
  • イーサリアムは過去1年間で約560%上昇-ビットコイン上回る上げ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのブロックチェーンの開発者は5日、同ネットワークの2015年の開始以来で最大級の変更を承認した。この変更「EIP1559」はイーサリアムのさらに大幅な値上がりを引き起こす可能性がある。

  この動きは、取引手数料として使われるイーサリアムの一部を「焼却」することで、市場に出回るイーサリアムの量を減らすことになる。

  イーサリアムの利用者は現在、取引処理に必要な手数料を推測することしかできず、これは手数料の目安が分かる「ETHガスステーション」などのサイトを生み出してきた。7月か8月のアップグレードの一部となる見通しのEIP1559が実施されれば、ネットワーク自体に平均料金が組み込まれるため、推測の必要がなくなる。

  仮想通貨分析会社メッサリの調査担当ディレクター、エリック・ターナー氏は、需要増加の中でイーサリアムの供給減少は価格上昇につながる可能性が高いと指摘。「これは恐らく最近では最も大きな画期的出来事の一つだろう」と述べた。

Second-largest cryptocurrency has surged in past year

  イーサリアムはビットコインや他のデジタル資産と共に過去1年間に驚異的な値上がり。ブルームバーグ集計のデータによると、イーサリアムの上昇率は約560%、ビットコインは約430%となっている。ただ、ビットコインは09年の開始以来、供給量が2100万枚に制限されており、この違いによって、イーサリアムはビットコインと同種のデジタル通貨と見なされるべきではないとの批判を招いていた。

原題:Crypto Coin Outperforming Bitcoin Is About to See Supply Reduced(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE