, コンテンツにスキップする

内閣支持率が9ポイント増の48%、緊急事態再延長78%が評価-報道

菅義偉内閣の支持率は前回調査から9ポイント上昇し48%だったと、8日付の読売新聞朝刊が世論調査の結果を報じた。不支持率は同2ポイント低下し42%で、昨年12月26-27日の調査以来初めて支持が不支持を上回った。

  • 1都3県対象の緊急事態宣言を2週間延長したことについて、78%が「評価する」と回答
  • 新型コロナを巡る政府の対応について、「評価する」が45%となり、前回の34%から11ポイント上昇
  • 菅首相の長男が勤める放送関連会社から、総務省幹部ら12人が接待を受けていたことについては、84%が「問題ある」と回答した
  • 調査は3月5―7日、18歳以上の有権者を対象に、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号にかけるRDD方式で実施―計1066人から回答を得た
    • 回答率は固定63%、携帯47%
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE