, コンテンツにスキップする

グリーンシル、トンプソン会長含む取締役3人が辞任

存続の危機にある金融ベンチャー、グリーンシル・キャピタルで役員が新たに3人辞任した。

  ブルームバーグが確認した規制当局への届け出によると、モーリス・トンプソン会長のほか、取締役のデービッド・ブライアーウッド氏(MSCI元最高執行責任者)とパトリック・アリン氏が辞任した。最近では、同社を創業した資産家レックス・グリーンシル氏の弟であるピーター・グリーンシル氏など、取締役4人が辞任している。

  グリーンシルの広報担当者はコメントを控えた。3氏の辞任についてはオーストラリア紙シドニー・モーニング・ヘラルドが最初に報じた。

関連記事
アテネのグリーンシル買収協議、グプタ氏関連資産は対象外-関係者
グリーンシル・キャピタル、破産申請手続き開始-事業売却交渉も継続
クレディS、グリーンシルのサプライチェーン・ファンドを凍結

原題:Greensill Capital Chairman, Two Other Board Members Resign (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE