, コンテンツにスキップする

中国外相、米国に内政干渉しないよう警告-台湾問題で

更新日時
  • 台湾問題で「一線を越え、火遊びする」のを止めよと王外相
  • 新型コロナや世界経済、気候問題では米国と協力の用意

中国の王毅外相は7日、全国人民代表大会に合わせてオンラインで記者会見し、米国に中国の内政問題への干渉を止めるよう名指しで警告した。

  同相は台湾問題で「一線を越え、火遊びする」のを止めるよう米国に要求。台湾に関する中国の主張に「妥協や譲歩の余地はない」と述べた。

  さらに、米国は「民主主義と人権の名の下に、故意に他国の内政問題に干渉している」と批判。「米国がこれをできるだけ早期に認識することが重要だ」として、「そうしなければ、世界は静けさからは引き続き程遠いだろう」と語った。

CHINA-POLITICS-CONGRESS

オンラインで記者会見する中国の王毅外相

  王外相は同時に、中国が新型コロナウイルスや世界経済に関して共通の懸念を抑制するために、米国と協力する用意があるとの立場をあらためて強調。「中国と米国が気候変動で協力を開始し、両国関係の環境改善にもつながるよう望む」と述べた。

  新疆ウイグル自治区を巡る問題では、「ジェノサイド(民族大量虐殺)が行われているという主張はばかげている」と否定。また、香港については「混乱から安定への転換は全ての当事者の利益にかなう。香港市民の権利と外国人投資家の合法的利益を保護する一段と強力な保証を与えることになる」とした。

  対日関係では「日本社会がより客観的で合理的な中国観を受け入れ、中日関係の長期的で着実な進展に向けた国民の支持を固めることを望む」と述べた。

中国全人代開幕、6%超の経済成長目指す-保守的な目標掲げる

原題:
Top China Diplomat Warns Biden to Tread Carefully on Taiwan(抜粋)

(台湾に関する発言内容などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE