, コンテンツにスキップする

テスラ株、一時13%安-4週間で時価総額が2340億ドル減少

電気自動車(EV)メーカーの米テスラの株価下落は米国株市場全体の最近の下げを大きく上回っており、時価総額は過去4週間に2300億ドル(約24兆9100億円)余り減少した。

  5日の米株式市場でテスラ株は一時13%下落した後、3.8%安の597.95ドルで通常取引を終了し、昨年12月3日以来の安値を付けた。週ベースの下げは11%。週間での下落も4週連続となり、2019年5月以来の最長を記録している。

  ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターなど自動車大手がここ数カ月間に電気自動車(EV)のラインアップを公表し、EV市場での攻勢を強める意向を示す中で、テスラ株は急速な下げに見舞われている。

  株価収益率(PER)が高水準のハイテク株が今週幅広く売られたことも時価評価額が高いテスラ株には打撃となった。米国債利回りが上昇する中で、投資家はハイテク株を嫌気し、評価額が高い企業は借り入れコストが急上昇すれば市場の期待に応えられない可能性があるとの懸念が浮上している。

原題:
Tesla Plunge Erases $234 Billion of Market Value in 4 Weeks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE