, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】米ディズニー4月再開も-WHOワクチン特許停止支持

  • 米加州はテーマパークや野球場を早ければ4月1日から再開する方針
  • WHOは特許権の適用を今こそ停止すべき時だと確信-事務局長

米カリフォルニア州は、ディズニーランドを含むテーマパークや野球場について、新型コロナウイルス感染症の予防措置を講じることなどを条件に早ければ4月1日から再開する方針だ。州当局が5日明らかにした。

  テーマパークは最も制限の厳しい「パープル」に分類された郡を除いて再開を可能とし、2番目に厳しい「レッド」では入場者数を収容能力の15%に制限する。

  球場および野外ライブ会場は、パープルの郡では観客数を100人以下に制限し、売店も営業しない。感染状況が改善されれば制限を緩和する。

  一方、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の下で、コロナワクチン特許権の停止を可能にする世界貿易機関(WTO)ルールの発動を南アフリカとインドが提案したことを受け、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日、これを歓迎する意向を表明した。

  テドロス事務局長はジュネーブのWHO本部からのオンライン会見で、「われわれとWHOは、その条項を今こそ発動し、特許権の適用を停止すべき時だと確信する」と発言した。

  ジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、全世界の感染者数は1億1600万人、死者数は258万人を突破した。新型コロナのワクチンは2億9100万回分を上回る接種が行われた。

原題:U.S. Curbs Ease; California Hits Vaccine Landmark: Virus UpdateDisneyland, Stadiums Can Begin Reopening in California April 1Canada Clears J&J Vaccine; Tokyo Extends Emergency: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE