, コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX、NJ州で緊急着陸-直前にエンジン一つ停止

アメリカン航空が運航するボーイング「737MAX」機が5日、ニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港に緊急着陸した。エンジンの一つに不具合が起きたもようだ。

  737MAXは、合わせて346人が亡くなる2件の墜落事故を起こし、世界各国で1年半余り運航停止となった後、昨年末に米国で運航を再開したばかり。エンジンの問題は、墜落事故で誤作動したとされるフライト制御システムとは関係ない。

  連邦航空局(FAA)の発表によると、ボーイング機は、ニューアーク空港に米東部時間5日午後3時27分(日本時間6日午前5時27分)に着陸した。95人の乗客と6人の乗員にけが人はない。

  アメリカン航空によれば、マイアミからニューアークに向かっていた2555便の機長は、油圧の問題を理由にフライトの最後の20分間エンジンの一つを停止した。

原題:American Air 737 Max With Engine Problem Lands Safely in Newark、American Air Boeing 737 Max Lands After Mechanical Issue: Rtrs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE