, コンテンツにスキップする

米貿易赤字、過去3番目の大きさに拡大-輸入が19年以来の高水準

1月の米貿易赤字は前月より拡大し、統計開始後3番目の大きさとなった。輸入が2019年8月以来の高水準に増えたことを反映した。

キーポイント
  • 財とサービスを合わせた貿易赤字は682億ドル
    • 12月は670億ドル
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は675億ドルだった

  輸入は前月比1.2%増の2602億ドル。輸出は同1%増加し1919億ドルとなったが、新型コロナウイルス感染がパンデミック(世界的大流行)となる前の水準を依然下回っている。

  財の貿易赤字は1.6%拡大して854億ドル。サービスの貿易黒字は172億ドルと7カ月ぶりに拡大した。

The value of U.S. auto exports fell amid a semiconductor-supply shortage

  半導体不足により、自動車メーカーは従業員の勤務時間を減らすなどの対応を余儀なくされている。自動車輸出は5%減少し126億ドルと、昨年5月以来の大幅減となった。

  半導体の輸入は50億2000万ドルに増加。昨年3月は過去最大の57億ドルだった。一方で輸出も、米国内で供給が不足している中、52億ドルに増えた。

  • 統計表

原題:U.S. Trade Gap Widens Near Record as Imports Surge to 2019 High(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE