, コンテンツにスキップする

コロナ禍で欧米の銀行はM&A加速へ、事業や資産売却も-UBS予測

スイスの銀行UBSグループは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が銀行セクターの再編をより加速させると予想している。背景にあるのは低金利や競争の激化だ。

  UBSは5日発表の年次報告書で、「今後、米国や特に欧州連合(EU)内で合併や買収が増える可能性が高い。規制当局の意欲も高まっている」と指摘した。同行はまた、銀行が運営上やコンプライアンスのリスクを軽減するために事業モデルを簡素化しようと、非中核の事業・資産を手放す動きが拡大するとみている。

  EUでは共通の預金保護制度の欠如や複雑な規制が障害となり、欧州の分断された市場に変革をもたらすような合併・買収(M&A)はこれまで見られなかった。ところがコロナ禍でその圧力は高まり、規制当局のほかドイツ銀行やインテーザ・サンパオロなどの銀行も変化の必要性を示唆している。

原題:UBS Expects Pandemic to Boost Bank M&A in Europe and the U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE