, コンテンツにスキップする

武田薬、米モデルナの新型コロナワクチンを厚労省に承認申請

更新日時
  • 国内で200人を対象に臨床試験、試験成績は5月に出そろう予定
  • 承認取得後、今年前半から5000万回接種分を日本国内で順次供給

モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチン(開発コード:TAK-919)の国内流通を担う武田薬品工業は5日、厚生労働省に製造販売を申請したと発表した。国内では3例目の承認申請となった。

  発表資料によると、承認取得後に今年前半から5000万回接種分を日本国内で順次供給する予定だ。武田薬は1月に国内で健康な成人200人を対象にした臨床試験を開始。試験成績は5月に出そろう予定で、その後結果を追加提出する。

As Fortunes Fade at Home, Takeda Pharmaceutical Eyes Greener Shores

Photographer: Yuriko Nakao/Bloomberg

  政府は6月までに4000万回分、9月までにさらに1000万回分の供給を受ける計画で両社と契約を結んでいる。モデルナのワクチンは氷点下20度前後で約6カ月の保管が可能とされ、長期保存に特殊な冷凍庫が必要なファイザー製のものと比べ、通常の医療用冷凍庫を利用できる。

  新型コロナのワクチンを巡り、米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンが2月中旬に国内初の承認を受け、既に接種が始まっている。同月に英アストラゼネカも厚労省に承認申請し、現在審議中だ。

Farm Workers Receive Covid-19 Vaccinations

モデルナ製ワクチンとシリンジ

関連記事
武田薬:モデルナの新型コロナワクチン候補、国内で1/2相治験開始
(詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE