, コンテンツにスキップする

アテネのグリーンシル買収協議、グプタ氏関連資産は対象外-関係者

  • グプタ氏のGFGアライアンスに関係する資産は交渉の対象外
  • 英中銀、GFGのワイランズ銀行に預金返還を求める

英金融サービス会社グリーンシル・キャピタルの救済に向け協議している保険会社アテネ・ホールディングは、グリーンシル最大の顧客である実業家サンジーブ・グプタ氏関連の資産は引き受けない方針だ。

  事情に詳しい関係者によれば、投資会社アポロ・グローバル・マネジメントマネジメントが出資するアテネはグリーンシルを買収し、顧客向け資金として数十億ドルの提供を続ける方向で協議している。ただ、グプタ氏のGFGアライアンス・グループに関係する資産は買収交渉の対象とはなっていない。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

Key Speakers At The Bloomberg Invest Conference

サンジーブ・グプタ氏

Photographer:Brendon Thorne / Bloomberg

  グリーンシルの問題発覚を受け、グプタ氏が大きく広げた事業に対して厳しい目が注がれつつある。経営難の製鉄所を買い取る同氏を英メディアはかつて「鉄鋼の救世主」と呼んでいた。ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)はグリーンシル銀行に対して実施した調査で、同行のバランスシート内にGFG関連資産で不適切会計が見つかったと指摘した。

ソフトバンクG出資のグリーンシル巡り急展開、昨年から問題露呈

  イングランド銀行(英中央銀行)はGFGのワイランズ銀行に対し小口預金者に預金を返還するよう求めた。事情に詳しい別の関係者が述べた。ワイランズ銀行のビジネスモデルと同行によるGFGのグループ内投融資を巡る懸念から講じられた措置で、これにより同行は株主からの新規資金7500万ポンド(約112億円)の確保が必要になったという。

  GFGの広報担当者は2日、グループとして「適切な流動資金」を保持しており、新規ファイナンスがしっかりと順調に進むようにする計画だとコメント。GFGは鉄鋼・アルミニウム市場の回復で恩恵を受けており、同社の事業は全面稼働に近い状況だと説明した。

原題:Athene Excludes Gupta-Linked Loans From Greensill Deal Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE