, コンテンツにスキップする

米ボーイング、新たに40億ドルの回転融資枠確保目指す-関係者

  • 期間2年で、規模を最大60億ドルに拡大する選択肢
  • 世界的な航空機需要低迷が長期化する可能性に備える

ボーイングは新たに40億ドル(約4300億円)の回転融資枠を銀行団から確保することを目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。世界的な航空機需要の低迷が長期化する可能性に備えている。

  取引の非公開を理由に関係者が匿名で語ったところによれば、新たな融資枠の期間は2年で、ボーイングは規模を最大60億ドルに拡大する選択肢を確保する。ボーイングなど投資適格級企業は通常、回転融資枠から実際に資金を引き出すことは多くなく、流動性のバックアップとして利用している。

  ボーイングはこの1年間、資金調達で銀行に強く依存している。737MAXの墜落事故を受け、昨年初めには138億ドルの融資枠の契約を結んだが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中で数週間以内に使い切った。

  ボーイングと、融資枠のとりまとめを主導しているシティグループの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Boeing Said to Seek Another $4 Billion of Liquidity From Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE