, コンテンツにスキップする

イタリアのマフィア、EU復興基金に照準-経営不振企業に潜入始める

  • イタリア組織犯罪捜査当局の責任者がブルームバーグに語った
  • マフィアは復興資金を最初に得そうな企業を狙っているという

犯罪組織も一般企業と同様、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が引き起こした経済危機に苦しんでいる。しかし、イタリアのマフィアはすでに、大金を手にするべく布石を打っている。

  イタリアの組織犯罪捜査当局の責任者を務めるマウリツィオ・バローネ氏によると、マフィアは昨年に各国が新型コロナ対応のロックダウン(都市封鎖)で身動きが取れなくなっていた時、欧州連合(EU)の復興基金などからの資金吸い上げを狙って資金難の企業に潜入し始めた。こうした資金は今年中に経営不振の企業に行き渡り始める。

EU復興基金、1.5ポイント成長押し上げも-使途次第ではほぼゼロに

  シチリア島の「コーサ・ノストラ」のような犯罪組織は、環境やデジタル分野など、EU復興基金を最初に手するであろう合法的企業への足掛かりを得ようとしているという。

  2日にローマ市内のオフィスでブルームバーグの取材に応じたバローネ氏は「マフィアは復興資金の申し込みに最も適した企業を選んでいる。特に、多額の資金が投じられるであろう医療とインフラ分野だ」と指摘。「彼らが1ユーロたりとも手にしないようにしなければならない」と述べた。

Covid Impact to Mafia

Pandemic changed mafia crime framework

Source: DIA

原文:The Italian Mafia Is Targeting Europe’s Crisis Recovery Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE