, コンテンツにスキップする

ブロードコム株下落、iPhone販売好調に伴う高い期待に応えられず

更新日時
  • 11-1月半導体部門売上高、市場予想下回る
  • 2021年供給分の約9割が既に顧客の注文で埋まる

アップルなどに製品を供給している半導体メーカーの米ブロードコムの株価が4日、下落した。事業の柱である半導体部門で2020年11月-21年1月(第1四半期)の売上高が市場予想を下回った。

  「iPhone(アイフォーン)」最新機種の販売がここ数カ月に好調だったことから、ブロードコムの決算発表を前に期待が高まっていた。

  11ー1月期の半導体ソリューションズ部門の売上高は49億1000万ドル(約5300億円)。ブルームバーグの集計データでアナリスト予想は49億3000万ドルだった。同社の株価は時間外取引で一時約2.5%下げた。

  同社は2-4月(第2四半期)の売上高を約65億ドルと見込む。ブルームバーグの集計データによると、アナリスト予想平均は63億3000万ドル。

  ホック・タン最高経営責任者(CEO)は決算に関する電話会議で、「顧客は早期納入分の受注を加速し、対策を講じようとしており、このところ聞かれる需給不均衡の要因になっている」とする一方、需要は「実際にある」と述べた。同社では21年供給分の約9割が既に顧客の注文で埋まっている。

  11-1月期の純売上高は前年同期比14%増の66億6000万ドル。一部項目を除いた1株利益は6.61ドルだった。アナリスト予想はそれぞれ66億2000万ドル、6.57ドル。  

原題:Broadcom Falls After Chip Sales Miss IPhone-Fueled ExpectationsBroadcom CEO Says Demand Is ‘Real’ as Chip Orders Flood In (1)(抜粋)

(3段落目以降で株価を更新し、CEO発言を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE