, コンテンツにスキップする

日米が安全保障で協議、中国海警法に対する「深い懸念」を共有

日米の当局者は「東・南シナ海での武力や強制的な手段による一方的な現状変更の試みに強く反対するとあらためて表明。中国の海警法を巡って深い懸念を共有するなど意見を交換した」と、米国務省が4日に声明を発表した。

米軍がアジアに対中ミサイル網構築を検討、抑止力を強化-報道

  声明では、日米両国は「自由で開かれたインド太平洋の維持や、抑止力および対応能力の強化、これまで以上に強い日米同盟のさらなる強化に向け緊密な連携を続けることを確認した」と記された。

  協議はバーチャル形式で実施された。

原題:
U.S.-Japan Discussed South China Sea in Bilateral Security Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE