, コンテンツにスキップする

NTT、澤田社長と総務省幹部の会食は事実ー高額接待報道で

更新日時

NTTは4日、総務省幹部らが同社から高額な接待を受けていたとの一部報道を受け、澤田純社長が同省幹部と会食したことは事実であると明らかにした。

  今週発売の「週刊文春」は、谷脇康彦・総務省総務審議官と山田真貴子総務審議官(当時)が昨年、NTTグループ関連会社運営のレストランを訪れ接待を受けたと報じた。

  同誌によると、NTTは総務相から事業計画などの認可を受けて経営されており、総務省幹部が同社から供応接待を受けることは国家公務員倫理法に抵触する疑いがあるという。

  ブルームバーグの取材に対しNTTは電子メールで、「澤田社長が総務省幹部と会食を行ったのは事実」と回答。接待の時期や場所、会食相手の詳細などについては確認中だとし、コメントしなかった。

  4日の日本株市場でNTT株は一時前日比3.6%安の2663円と3日続落し、昨年9月29日(5.8%)以来、約5カ月ぶりの下落率を記録した。

  加藤勝信官房長官は午前の記者会見で、総務省で谷脇総務審議官らに対し事実関係を確認したところ、報道された会食への参加を認めたことを明らかにした。その上で、総務省には「迅速かつ徹底して真相究明にあたってもらいたい」と述べた。

NTT Headquarters and Docomo Shops As $38 Billion Buyout Plan Is In Talks
(第5段落に加藤官房長官のコメントを追記しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE