, コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのメルビン、2月運用成績プラス22%に回復-関係者

  • ゲームストップやAMCの株価急騰で1月はマイナス53%
  • コーエン氏やグリフィン氏主導で約2940億円の資金支援を受ける

ゲイブ・プロトキン氏率いるヘッジファンド運営会社メルビン・キャピタル・マネジメントの運用成績は2月にプラス22%に回復した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。値下がりを見込んだポジションを取っていた銘柄が、オンライン掲示板「レディット」に集まる個人投資家に買い上げられたことで1月は大幅なマイナスとなっていた。

  個人投資家の買いでゲームストップAMCエンターテインメント・ホールディングスの株価が急騰したことで、メルビンの1月の成績はマイナス53%に落ち込んでいた。メルビンはその後、資産家のスティーブ・コーエン氏とケン・グリフィン氏が主導する27億5000万ドル(約2940億円)の資金支援を受けた。関係者は2月のリターンを押し上げた要因を明らかにしていない。

House Financial Services Committee Virtual Hearing On GameStop

バーチャル形式で開催された下院金融委員会の公聴会で証言するゲイブ・プロトキン氏(2月18日)

  メルビンの広報担当者はコメントを控えた。同社は約80億ドルの資産を運用している。

原題:
Melvin Capital Surged 22% in February After GameStop Disaster(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE