, コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀総裁、22年中の利上げ見込まず-まだ先は長い

  • 金利に影響与える「多くの手段」、YCCのようなことも可能だ
  • インフレ率が急速に2%を突破する兆候見られないともコメント

米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は3日、「2022年中の利上げは一切見込んでいない」と述べるとともに、「仮にあるとすれば、23年終盤に向けての時期になると想定され、まだ先は長いと考えられる」と語った。

  ハーカー総裁は「ヤフー・ファイナンス」のインタビューで、金利に影響を与える「数多くの手段がわれわれにはある」とし、「イールドカーブ・コントロール(YCC)のようなことも可能だ」とコメント。「これら全てが議論されており、どれも排除するつもりはないが、今の段階では現状維持に強くコミットしている」と話した。

  このほかハーカー総裁は、「インフレが制御不能となる事態は望ましくない。現時点ではその兆しはない。インフレ率が非常に急速に2%を突破する兆候は見られない」と語った。同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

原題:Fed’s Harker Says Not Looking at Rate Hike Any Time in 2022(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE