, コンテンツにスキップする

米地区連銀経済報告:企業は楽観的な見方維持、ワクチン普及で

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)が3日公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、米経済は年初からの2カ月、緩慢なペースで拡大した。また新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいることで経済成長見通しが強まり、事業主の間では景況感が改善しつつある。

  ベージュブックでは「新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンが一段と普及する中で、大半の企業は向こう6-12カ月について楽観的な見方を維持している」と記された。今回のベージュブックは、2月22日までに12地区連銀が集めた情報を基にまとめられた。

  新型コロナの新規感染者数が約4カ月ぶりの低水準となり、景気見通しは明るいものになっている。

  「大半の地区は、今回の調査期間中に雇用水準がゆっくりとではあるが上昇したと報告した」とベージュブックは指摘。「回答企業は総じて、雇用の水準が短期的に緩慢なペースで改善するとみている」とした。

  賃金については、多くの地区で向こう数カ月上昇が続く、ないし上昇ペースが幾分加速すると予想されているという。

原題:Fed’s Beige Book Shows Businesses Optimistic on Vaccine Take-Up(抜粋)

(第3段落以降に内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE