, コンテンツにスキップする

ソシエテ、投資銀行部門ボーナスを2割削減-トレーディング減収響く

  • 会社全体では平均でボーナス総額15%削減-関係者
  • 株式デリバティブの一部トレーダーは8割以上の減少も

フランスの銀行、ソシエテ・ジェネラルは投資銀行部門のボーナス総額をおよそ2割削減する。2020年通期決算ではトレーディングの減収が響き、過去30年余りで初の赤字に沈んでいた。

  会社全体ではボーナスは平均15%の減少になると、部外秘の情報だとして匿名を要請した関係者が明らかにした。

  昨年赤字となったマーケッツ事業はボーナスの削減幅がさらに大きく、株式デリバティブのトレーダーの中にはボーナスが8割以上減少する者もいると、別の関係者は述べた。

  新型コロナウイルスの感染拡大で乱高下した市場にうまく乗ってトレーディングや企業の合併・買収(M&A)で利益を上げた同業他社に比べると、ソシエテの業績は対照的な内容だった。このため同行のボーナスは世界的投資銀行の中で最低クラスとなる公算が大きい。

  ソシエテの広報担当者はボーナスについてコメントを控えた。

原題:SocGen to Cut Investment Bank Bonuses 20% After Trading Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE