, コンテンツにスキップする

ビットコインが下落、FRB議長発言でインフレヘッジ機能試される

更新日時

仮想通貨ビットコインは、インフレに対するヘッジとしての魅力が試されている。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の4日の発言が、物価上昇圧力に対する投資家の懸念緩和にはつながらず、ビットコインは他のリスク資産とともに下落した。

  ビットコインは一時6.7%下げ、米東部時間午後2時38分(日本時間5日午前4時38分)時点では約4万7900ドル。パウエル議長はこの日、金融環境を注視しているとし、無秩序な市場環境になれば懸念材料になると述べたものの、具体的な措置には言及しなかったため、米国債利回りが上昇し、株式は下げた。

  ナショナル・セキュリティーズのチーフ市場ストラテジスト、アーサー・ホーガン氏は、エネルギー以外は全て売られるリスクオフモードとなっていると指摘した。

  ビットコインは先月、5万8000ドルを上回る水準に急騰していた。

Prices fall following Powell's comments

原題:
Bitcoin Extends Losses as Powell Dents Inflation Hedge Appeal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE