コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

中国株投資家、5日開幕の全人代に注目-値上がり銘柄の手掛かり求め

  • 再生可能エネルギーや防衛、テクノロジー部門に追い風か
  • CO2排出ゼロに向けた政策や国防予算拡大などが発表される可能性

中国で5日開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が再生可能エネルギーや防衛、テクノロジー部門の追い風となり、失速しつつある中国株に新たな弾みをもたらす可能性がある。

  二酸化炭素(CO2)排出量を2060年までに実質ゼロにするという習近平国家主席の目標達成につながる措置が全人代で打ち出されるだろうと国泰君安証券などは予想。国防予算を拡大する計画も発表される公算が大きいと、天風証券のアナリストはみている。

習氏、中国テクノロジー革命で欧米依存脱却目指す-全人代が5日開幕

  さらに、アナリストのウオッチリストのトップにあるのは、コロナ禍終息後の中国の経済成長を押し上げる政策だ。全人代では半導体など主要部品の欧米依存を低減し、水素自動車などの新たな技術に投資する戦略が盛り込まれた新5カ年計画の承認が見込まれている。中国政府は経済成長のけん引役として輸出よりも内需に依存する「双循環」の方針の下、輸出への依存を減らし、国内消費を拡大する意向を繰り返し示してきた。

  そうした計画が、バリュエーション伸長を巡る投資家の懸念を背景とする最近の株安に歯止めをかける可能性がある。CSI300指数は2月に付けた2007年以来の高値から約7%下落。中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)の郭樹清主席が今月2日、海外金融市場や国内不動産部門のバブルリスクに懸念を示したことで、さらに地合いが悪化していた。

China stocks fall at faster pace than Asian peers in latest pullback

  安信証券の陳果アナリストは1日のリポートで、「全人代の新政策が市場に新たな焦点をもたらし、センチメントを押し上げる可能性がある」と分析。全人代開催中と閉幕後1週間の人民元元建て「A株の動向はこれまでずっと底堅いものだった」と指摘した。

原題:China Traders Await Policy Signals to Boost Faltering Stocks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE