, コンテンツにスキップする

GM出資のクルーズ、自動運転企業ボヤージュ買収で交渉-関係者

From
  • ボヤージュは米フロリダ州の退職者コミュニティーで事業運営
  • エンジニアリングチームの強化を常に目指している-クルーズ広報

ゼネラル・モーターズ(GM)が過半数株式を保有する自動運転車スタートアップ企業のクルーズは、米フロリダ州の退職者コミュニティーで事業を運営する自動運転技術の新興企業ボヤージュの買収に向け交渉している。事情に詳しい複数の関係者が情報の非公開を理由に匿名で明らかにした。

  関係者1人によれば、両社は真剣に協議しているが、合意は差し迫っていない。退職者居住地域は無人運転タクシー事業に適しており、両社が合意に至った場合、この市場でプレゼンスを確立しているボヤージュに、クルーズのエンジニアリングおよびソフトウエア機能が加わることになる。

  クルーズの広報担当レイ・ワート氏は「何も発表することはないが、この世代で最大のエンジニアリング上の課題の解決に取り組むため、当社の世界クラスのエンジニアリングチームの強化を常に目指している」とコメントした。GMの株価は2日の時間外取引で一時1%弱上昇した。

原題:
GM-Backed Cruise Is Said to Be in Talks to Buy Startup Voyage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE