, コンテンツにスキップする

NY州議会指導部、クオモ知事の権限制限で合意-セクハラ疑惑などで

  • 5日にも採決-知事は既に疑惑調査に直面、辞任求める声も高まる
  • 新型コロナ禍への対応で知事に付与された緊急時権限の剝奪も

米ニューヨーク州の議会指導部は2日、新型コロナウイルス禍への対応でクオモ知事に昨年付与された緊急時権限を制限することで合意したと発表した。元側近へのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)疑惑などで辞任を求める声が高まる中で、クオモ知事への新たな打撃となった。

  州議会のキャリー・ベルナー民主党議員は同日のツイッター投稿で、5日にも法案採決を行う公算が大きいと明らかにした。成立すれば、クオモ知事はコロナ禍に伴う特別権限を剝奪され、「感染拡大の抑制やワクチン接種の普及に必要」な指示の発令は制限される。さらに、透明性を高めるため、全ての知事令についてオンラインでの報告を知事に義務付ける。

  法案には郡などが州の承諾なしで行政命令を出す権限を回復させることも盛り込まれている。クオモ知事はコロナ禍での休校やビジネス活動の制限に関する権限を巡り、ニューヨーク市のデブラシオ市長などから批判されていた。

クオモ知事

出典:ブルームバーグ

  現在3期目のクオモ知事(民主、63)は、不適切な行為を巡る3人の女性からの訴えで調査に直面しており、高齢者施設での新型コロナによる死者数のデータを意図的に隠した疑惑でも批判を浴びている。一部の民主党議員が知事の辞任を求めているほか、弾劾を提案している議員もいる。

  今回の合意について、知事のオフィスに電話でコメントを求めたが、返答はなかった。

原題:
N.Y. Lawmakers Agree to Curb Cuomo Powers in Rebuke for Scandals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE