, コンテンツにスキップする

ウォーレン議員、超富裕層への税務調査拡大を訴え-税制案の一環で

  • IRS向けの予算を拡大すべきだと議員が指摘
  • 富裕税に関してイエレン財務長官と話し合う予定だという

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ウォーレン米上院議員は2日、内国歳入庁(IRS)向けの予算を拡大すべきだと述べた。そうすれば、資産が5000万ドル超の世帯に年間2%の納税を義務付ける自身の提案の一部として、最富裕層向け税務調査が3年ごとに可能になるとしている。

米国の超富裕層100人は総額780億ドル納税も-ウォーレン議員の増税案

  ウォーレン議員はIRS予算のほぼ倍増を望んでおり、こうした超富裕層への課税をどう実施するかについてイエレン財務長官と話し合う予定だという。

  同議員はブルームバーグのケビン・シリリ記者が司会を務めるポッドキャストのインタビューで、IRS予算が増えれば上位0.1%である10万世帯の税務調査比率が30%になるとし、「つまり実質3年に1回ということだ」と述べた。

  富裕税に関する同議員の法案には、税法の執行厳格化に向けたIRSへの資金拠出拡大を認める条項が盛り込まれている。同議員は同法案により、10年間で計3兆ドルの政府資金が生み出されると試算する。

富裕税はインフラ・医療改革の財源になり得る-ウォーレン米上院議員

  同法案の審議が近く議会で進む可能性は低いとみられる。ただ同議員は、アイデア自体は世論の支持を獲得しつつあると述べた。

原題:
Warren Backs More Audits for Rich as Part of Wealth Tax Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE