, コンテンツにスキップする

補完的レバレッジ比率緩和、延長すべきでない-ウォーレン議員ら訴え

米上院民主党のエリザベス・ウォーレン議員らは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の下で、JPモルガン・チェースシティグループなどに総額1兆ドル(約106兆9000億円)相当の資金活用余力を与えた「補完的レバレッジ比率」の緩和について、延長を認めないよう金融監督当局に要請した。

  銀行業界は3月末の期限を延長するよう監督当局に求めている。ウォーレン議員と上院銀行委員長を引き継ぐシェロッド・ブラウン議員は、連邦準備制度理事会(FRB)と連邦預金保険公社(FDIC)、通貨監督庁(OCC)に共同で書簡を送り、「金融危機後の最も重要な規制改革の一つを弱める」ために銀行業界がコロナ危機を利用しているようだと主張し、延長を認めれば「重大な過ち」を犯すと訴えた。

原題:Warren Says Big Banks Shouldn’t Get Capital-Relief Extension (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE