, コンテンツにスキップする

オデイ旗艦ファンド、2月成績プラス38.4%-国債ショート戦略が成功

  • 過去約30年で最高の月間運用成績、年初来ではプラス51%
  • 英長期国債中心にショートエクスポージャーは純資産価値の約800%

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

クリスピン・オデイ氏が共同で設立し、ポートフォリオマネジャーを務めるヘッジファンド運営会社オデイ・アセット・マネジメントの旗艦ファンドは、2月に過去約30年で最高の月間運用成績を残した。高レバレッジの国債ショートが利益をもたらした。

  ブルームバーグが確認した投資家向け最新情報によれば、「オデイ・ヨーロピアン」ファンドの2月のリターンはプラス38.4%、年初来ではプラス51%となった。過去6年のうち5年の年間リターンがマイナスだった同ファンドにとって、まれに見る好成績だ。

  市場の活況の中で株式ショートが裏目に出た後、オデイは新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)後の景気回復がインフレを助長するとの見通しから、長めの国債に的を絞った投資を行っている。

  別の投資家向け書簡によると、 2050年償還の英国債を中心とするオデイ・ヨーロピアンの債券取引のショートエクスポージャーは1月末時点で純資産価値の800%近くに達した。

  オデイは先月の顧客宛ての書簡で、「中央銀行による買い入れの直接的な結果として、債券市場のロングエンドのバリュエーション(評価)は極度のバブル状態にあり、正しい投資を行えば今後40年にわたり利益を享受できるチャンスが投資家に示されている」と指摘した。

  オデイ・アセット・マネジメントの広報担当者はコメントを控えている。

U.K. 30-year gilts haven't had it this bad since the global financial crisis

原題:Odey’s Hedge Fund Surges Record 38% on Mega Short-Bond Trade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE